【日記】海外の面接を見て思うこと

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!


先日ストーリーシェアで新しいフィリピン人スタッフ&講師を雇うという事になり面接を設けたのですが、その場に僕もご同行させてもらいました。

企業の面接を見るという事もそうそうないでしょうが、特に海外の面接の様子を見ることなんてそれこそ滅多にないことだと思うのでいい経験をさせてもらえたのかなと思います。

今日はそんな面接の様子を書いていきます…

f:id:storyshareprivatesecretary:20180228000449j:plain

こんな感じでカフェでカジュアルな感じで面接をしました。

今回は5人ほど面接をしたのですがこれが見ていて結構面白くて、色々な経歴を持った人たちの話を聞くことが出来ました。

とある大学でマグナコモラウダとかいうその学部で1人しかいない優秀な生徒に選ばれ、今は大学勤務をしている人、大人しめのソーシャルワーカーの人、バギオの大手の企業て10年間マネージャーをしていた経験豊富な人、イギリスに数年間居たとってもおしゃべりな人(笑)などですね。

4,50分英語を聞き続けることになるので英語学習としても良かったのですが、面接ってその人の基本的な考えだったり仕事に対する考えを聞けるので異文化理解という意味でもとても勉強になりました。

例えば「どのくらいの給料を望みますか?」とか、「うちは最低2年間働いてもらうことになるんだけど、大丈夫ですか?」とかですね。
前者は日本でも答えに詰まるところですよね笑、でもそこにフィリピンの所得に関する事情とか、社会的地位に関することがあるので興味深く聞いていました。

後者の質問は日本だと2年働くって正社員なら普通だと思うのですが、フィリピンって同じ仕事を長く続けるとか、ましてや日本みたいに40年同じところで働くなんてないのでこの辺りも聞いていて面白かったです。

後は、バギオの大手の企業で10年間勤めていた人の面接を聞いていると僕のような英語学習中のみであっても「この人貫禄あるなぁ」という事がひしひしと伝わってきて、当たり前ですが、人生経験の差みたいなものを感じました。

履歴書から見る海外と日本との違い

こちらご覧ください

f:id:storyshareprivatesecretary:20180228000959j:plain

 

これは今回面接をした方の履歴書なのですが、なんかいろいろと日本と違います。
まず1つめに全部これ自作なんですね。
今回フィリピンで何人も面接しましたが日本のようなフォーマットに従って作っている人は一人もいませんでした。

日本だとインターネットで印刷するか履歴書をコンビニとかで買って書きますよね。
ここにカルチャーショックをまず受けました。

社長いわく、この履歴書の作り方だけでもある程度判断できるらしいです。
確かに自分で作るならデザインにこだわっていたり印象の良い作り方をしているかとかわかりますよね。

また、ある程度自己主張が強くないと厳しいだろうなとも思いました。
履歴書を見てみると、自分は「従業員のマネジメントが出来る」「会計管理が出来る」、「チームビルディングが出来る」とかそういうのを何個も箇条書きで書いているんですね(A4がそれ1枚で埋まるくらい書いている人もいました)

大学3年の時に就活用の授業をとってそこで皆必死に自分の強みを1個か2個探して頑張って説明づけていましたが、もし今回の面接で2つしか「出来ること」がなかったら逆に浮くと思います。

出来もしないことを見切り発車をして書けという事ではないのですが、でも意気込みは日本人はもっと必要なんじゃないかなと思いました。
履歴書を通じて質問することでしか面接官は僕らの事を知れないので。


まとめ


f:id:storyshareprivatesecretary:20180228001130j:plain
面接何件かやって疲れている社長笑


これ初めて言うかもしれないのですが、僕は将来海外で働くことにはあまり乗り気ではありません笑
将来出来ることならずっと日本に住みたいなぁという引きこもり体質です笑

でも、自分のやりたいことが海外にあるのでフィリピンに来て、今インターンを通じて勉強をしています。

じゃあそこでもし海外の法人や機関で働こうとしたとき、そして面接をしたときに向こうの人は自分を雇ってくれるかなと今回応募者を見ながら考えました。
そしてすぐにそれはNoだなと思いました笑

でもそれって僕だけではなく他の多くの人も、日本企業で働いて海外出張・駐在という事はあってもゼロからというか、コネやツテなしで海外の企業に受かるのって難しいのではないかなって思います。

でもそれってまだまだ英語教育を始めとする日本の教育システムや雇用の構造がグローバルの流れと大きく乖離しているからなのかなと思いますし、そもそも日本人の思考がまだまだ内向きなんだろうなと思います。


とまぁちょっとそんなことを思ったりしました笑

とりあえず僕個人としてはもっと英語力もそうですが自分を自信をもって語れるようになりたいですね!それこそ出来ることをA4 1枚びっしり書けるくらい!


毎回終わりが雑ですみません笑


最後まで読んでいただきありがとうございました!


ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

【紹介】バギオで食べる本格的な日本のラーメン

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!

今回ご紹介するのはバギオに来たら絶対耳に入るくらい有名なお店なので敢えて紹介しなくても良い場所なんですが、バギオに来る前の人なら知っておくと良いんじゃないかなと思うのでご紹介します。

海外に2・3ヵ月いると日本の味が恋しくなります。
今回はそんな人に食べていただきたい日本のラーメン屋さんです。


ラーメン凪@SMモール

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222142410j:plain


皆さん「ラーメン凪」っていうお店をご存知でしょうか?
僕は日本では見たことないのですが、結構チェーン店もあるみたいです。

場所はこちら!

…っていつもMapを載せるんですが、これは必要ありません笑
SMモールという場所にあるのですが、バギオに来たら絶対SMモールに来ると思います。町で一番大きいショッピングモールなので絶対分かります笑
SMモールの3階にあります。

お店の様子

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222142837j:plain
デパートのテナントとしてあるのでこんな感じになってますね。
そういえば僕この外側でしか食べたことないや笑

画面右の建物の中も入れるので皆さん是非試してください笑
後でも話しますが結構人気で人が多いのでいつも外で食べていますね。

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222143152j:plain
こちら店構えの所ですが、フィリピンってこういうフードサンプルって置かないんですよね(日本がむしろ珍しいんですかね)

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222143957j:plain
各テーブルの近くにはこんな暖簾があります。
いつも思うのですがラーメン屋ってなんでこんなお店の事色々と語るんでしょうかね笑

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222144133j:plain
こうやって薬味がたくさん置いてあるのも日本らしいところですね。
フィリピンだと醤油が1本だけ置いてあったり、カラマンシースダチみたいなやつ)と唐辛子がよく置かれるのですが、こんな4種類も5種類も薬味を置くことはありません。


めにゅー
やっぱりなにを食べれるかは気になるところですよね!
メニューご紹介します!

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222143443j:plain
こちらがプレインというか、バーミヤンでいうところの「バーミヤンラーメン」にあたるラーメンですね笑

値段は日本のラーメン屋さんというころもあってジャパニーズプライスになっております(ラーメン1杯850円くらい)
僕は辛いものが食べれないのでいつもこの豚王を食べています。

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222143510j:plain
こちらはその他辛かったり、ちょっと特殊なラーメンですね。
黒王はその名の通り真っ黒です。黒すぎてちょっとびっくりします笑

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222144355j:plain
やっぱりラーメン屋って語りたがりますよね笑
でもこれ読んでいたら英語の勉強にはなりそうですね!

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222144503j:plainf:id:storyshareprivatesecretary:20180222144559j:plain
餃子と唐揚げ僕も好きですねー
フィリピンだとサイドメニューで220ペソ(500円)は高いです。
すっかり金銭感覚がフィリピン仕様になっていしまいました笑

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222144535j:plain
デザートもあるようです!

余談ですが、「大人のバニラアイス」っていうネーミングからもここが日本人がオーナーだという事が分かります。

フィリピンには日本ブランドを使って日本人が商品開発に携わってないでだろう悪く言うと「まがいもの商品」があるのですが、そういうのは名前で分かります。
「TAKAIYAMA Restaurant」とか、「Tokyo・Sumoバーガー」とか、フィリピン人がネーミングした感がすごいです(いや、実際に調べたわけではないのですが)笑

日本を思い出すポイント① お好みのラーメンを作れる

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222165459j:plain
この表見てください。
こういうの日本にもありますよね。

スープの濃さ、トッピングの有無、麺の硬さ、こういうのを自分の好みで作れるのがラーメンの良いところですが、それがちゃんと輸入されています。
日本人からすると嬉しいことです。

まとめ

f:id:storyshareprivatesecretary:20180222165839j:plain
僕が先日オーダーした豚王ラーメン。
日本でラーメンをたくさん食べている人からしたらもしかしたら物足りないのかもしれませんが、僕は日本の味に触れられて大満足でした!

そういえばさっきも話しましたがバギオではまがい物の料理が多いです。
たこ焼きと言っているのにタコが入ってなかったこともあります(後でなんでか先生に訊いてみたら「タコは高いからね」と言われました笑)


豚王に卵を付けたら450ペソ。日本円で1000円くらい。
バギオならメイン料理2食食べれる値段なのでそう考えると大分高いですが、それでもちゃんとした日本の味を食べれるなら僕は行く価値あると思います。

また、行ってみると高いのに結構人で混んでいるのでフィリピンでもそれなりに人気のお店みたいです。
特に長期の滞在の方は日本を思い出せる付加価値もあるので行ってみてもいいのではないでしょうか!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

ギターで世界をまわる男

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!


前日素敵な出会いがあったので今回はそのことを書こうと思います。



それにあたりましてまずは写真を一枚

f:id:storyshareprivatesecretary:20180221172918j:plain

皆さんは迫水秀樹さんという方を知っていますでしょうか?
僕は先日まで知らなかったのですが、American Short Hairというバンドを2010年まで組んでいたそうです。

先日この方と会いました。
詳しくは↓のURLから!↓

Hideki Sakomizu Official Web Site



写真からもわかると思うのですが、彼はミュージシャンです。

でもただのミュージシャンではありません。世界92か国を路上演奏で渡ってきたミュージシャンなのです!

そんな迫水さんなのですが、今はフィリピンに来ていて、ひょんなことから(本当にひょんなことから笑)社長と知り合いになりまして、僕も一緒に飲みに行ったり演奏会に参加させてもらいました。

その中で短い間でしたが色々話してくれまして(饒舌な方でした笑)、中々レアな人生を歩んでいる方だけに面白い話も聞けたので、今回はそれをシェアしていきたいと思います。

※たくさん写真も撮ったのですが、カメラとして使っていたI pod touchが原因不明で故障したので写真がありません笑


①迫水さんが日本語で歌う理由
たくさん話した中でも僕はこの話が面白かったのです。
迫水さんは海外で路上演奏をもう6年やっているそうなのですが、歌は日本語で歌います。

英語が離せないわけではありません。むしろ英国に語学留学していた経験もあるのでとっても流ちょうに英語を話される方です。
そうではなく、敢えて日本語で歌うのだそうです。

彼のアメリカの友人が迫水さんに言ったらしいのですが、日本語の響きは外国人からすると流れるように聞こえるんだそうです。
中国語や他の言語だと意味が分からないと怒って聞こえてしまう。でも日本語ならそうはならない。それは日本語のアドバンテ―ジだと話していました。

それだけではなくて、日本人だから日本語が一番かっこよく歌えるとも言ってましたが、僕からしたらそれって大きな賭けだと思います。
だってそれで「なんて意味なのか分からない」って見放されたら終わりですからね。笑
でも、日本人が日本語で歌っても外国人は聞いてくれるそうです。

路上ミュージシャンとしての生活
ぶしつけですが話の最中で僕は迫水さんにこんなことを聞きました、
「路上音楽をやっていると言っても、お金はどうしているのですか?」

そしたら彼は、「路上音楽で出たり入ったりだよ。たまに日本でライブやったらそれなりに入るけど、貯金とかはない」と言っていました。

うん、、これって本当にすごいですよね。
路上音楽やってそこでチップをもらったり後はCD販売が収入になりますが、どれくらいもらえるかはやってみないと分からない。

まぁ日本でも明日食べれるかどうかわからないという方もいるでしょうが、望んでそんな生活に向かっている人はまれだと思います。
そういう意味で彼はまさに「酔狂」と言ってもいいのかなと思います。

僕は人生に堅実さ、確実さを求めます。
「どうなるかわからない、でもやってみよう」という事を人生レベルで試すことはぼくにはできません笑

ましてや外国の誰も頼れない中、ギターと自分の曲だけでその日暮らしの生活を6年するなんて生活は僕は絶対に無理だなと思います笑

まとめ

f:id:storyshareprivatesecretary:20180221184901j:plain
写真は失いましたがCDは残っていたのでこちらをアップします。
フィリピンでの宝物がまた増えました。



彼にどうやって生活をしているのか聞いた後「でも将来の事を考えると不安じゃないですか?」と聞いてみたら、不安はあると言っていました(曲の中にもその想いをつづったものがあります)

でも、「それはそれとして、自分のやりたいこと・自分のやりたい音楽を続けられているのだから満足」だと言っていました。

僕はこの発言を心底「かっこいいなぁ」と思うとともに、彼は本当にアーティストなんだなと思いました。

日本語でひたすら歌うこだわりの強さ、好きな事・やりたいことをやれるのであればお金や安定を捨てる心、与えられた場所だけではなくどこでも演奏が出来る路上音楽のスタイル。

どれも彼がアーティストであるが故の要素なんだと思います。

僕は大いに「凡」なので彼のような生活は絶対に出来ません笑
でも、彼のように思い切って生活が出来るのってとっても気持ちいいんだろうなと思います。

今は迫水さんはセブに居ます。
もし機会があったらまた彼の音楽と、冒険譚を聞きたいなーと思います!
その時には僕も何か彼に負けない面白い話の出来る人間になっていたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

【日記】意外にこれ聞かれます、、

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤です!

先日社長の指示である従業員さんの給料の振り込みに行ったのですが、様々あって"Cebuana"という銀行?で振り込みをしました(?を付けたのはちょっとそこがどういう場所なのかわからないからですね笑、振り込みだけできる場所なのかもです)


その時に「初めての振り込みだから」ってことでいろいろ書かされたんですね、

f:id:storyshareprivatesecretary:20180215164530j:plain
こういうものですね。
何を書くにもやるにしても英語を使うという環境にはもう慣れてきました笑

もう少し寄ると、

f:id:storyshareprivatesecretary:20180215164731j:plain

ここに自分の宗教を書くようになっているんですね。
ここは僕はBuddhism(仏教)と書きました。
よく見ると分かるのですが"h"の文字が抜けています笑
普段使い慣れていない単語は急に書いても間違えますね笑

何が言いたいかというとフィリピンでは日本よりも宗教というものを重要視しているということですね。

からしたら「振り込みをすことに対してなんで宗教が関係するんだ」と突っ込みたくなったところなのですが、宗教というものが国籍と並んで重要視されているんだと思います。

以前All Saint's Day-万節祭でも書きましたが、フィリピン人と話していると文化の話と一緒に宗教の話にもよくなります。

例えばこの前Basic校舎の生徒さんが神道について聞かれていたり、僕も結構いろんな人から「日本人って何を信じているの?」って聞かれたりします。

そんな時は「多くの日本人は科学(Science)だけを信じているよ」というのですが、
これがすぐ納得してもらえる時と結構説明がいるときがあります。

でもこういうのって人の生き方の根本に触れるものなのでちゃんと説明できないと「この人は学がない人」と思われてしまうかもしれません。
宗教を持っていないからダメなんじゃなくて、その理由をちゃんと説明できないとって感じですね。

でも海外の人と話すときは僕らは「日本人代表」として話すのでしっかりしたいですよね。

日本人は宗教に関して語ることが少ないからもしフィリピンに渡航をされる方が居たら事前に意見を持っておくといいかもです!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

【日記】やっぱりこの人は忙しい

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!

f:id:storyshareprivatesecretary:20180209223210j:plain
銀行で手続き進めているところ。
毎回思うんですが社長のかばんってもっと小さいイメージですよね。
うちの社長はしょっちゅう移動しているのでバックパッカーみたいなかばん使っているんですがとっても重いです笑

 



ここ1週間は結構忙しかったですね、、、
なんで忙しかったかというと社長と毎日一緒に居たからですね笑

社長と一緒に居てかばん持ちながら色々アシストしたりするのが「かばん持ち」としても僕の仕事なのですが、同時にバギオのスタッフでもあってバギオの事やメールの対応とかもしなきゃなので外で社長についていって色んなことを学んで、電波が通じるところでは事務仕事してとあっちこっち忙しいんです笑

後は現場で働くものとして気づいたこととかも共有して、資料とか、様々改善すべき所を話し合って改善していきます。

 

ということで、今日は社長のかばん持ちブログらしく社長のことについて書きます!

社長の1日

f:id:storyshareprivatesecretary:20180209193956j:plain
こちらは朝僕が改定した資料に目を通してもらっているところです。
オリエンテーションとして、新しく校舎に来た生徒様に学校のルールとか説明する時に使う資料なのですが、これとっても大切なので社長のチェックは必須です!


f:id:storyshareprivatesecretary:20180209193657j:plain
こちら消防署ですね。

なんで消防署に来ているかというと今使っている校舎を延長して使うにあたって消防署に行って書類を手に入れなきゃいけないからみたいです。
ある意味一番目に見えないところの仕事をやってくれているんですね。

f:id:storyshareprivatesecretary:20180209194336j:plain
こちら逆に僕の写真ですが、給与の支払いをしているときですね。
普段は社長がやっていますが今回はやらせてもらいました。
間違ってたら講師の人にきっと恨まれるので緊張しながらやりました笑

f:id:storyshareprivatesecretary:20180209194553j:plain
これはEOP校に行く前にお土産を買っているところですね。

こういう言い方は打算的な感じがしますが、社長はセブ行ったりバギオ行ったりマニラ行ったりもっと別のところ行ったりでなかなか一つの所に入れないのでこうやって何か持ってくるとかひとつ手間を掛けるのは大事だなって思います。

こういうので生徒さんと距離を詰めて話をしていって気づくこととかもあると思います。
そして忙しい中でもそういうのが出来るのは素晴らしいなって思いますね。

f:id:storyshareprivatesecretary:20180209195037j:plain
こちらはEOP校で書類に目を通してサインをしているところです。
同時に電話しています。
忙しすぎて基本色んなことをいつも同時進行でしています!


他にもStoryShareでやっているITブートキャンプというプログラミングと英語学習を合わせたプログラムについて話を進めたり、前の学校のクロージングを終わらせるため税務署行ったり他のスタッフに指示出したり、新たなビジネスの話を進めていたりととにかく忙しい人ですね笑

まとめ
今回紹介した社長の業務って本当にほんの1部です。
「こんなこともしています」程度の紹介でして、いつも朝の8時から夜の12時くらいまでひたすら何かしています。


僕はそんな社長をちょっと冷めた目で見ていて、「僕はこんなに働きたくないなー」と思っています。
でも同時にひたすら自分のやりたいことをしているのってかっこいいなと思いますし、こんなに色んなことをやっている人が身近にいたことがなかったので「人間って限界ないんだな」とか思います。

あとは簡単に「出来ません」って言いたくなくなりましたね。
向こうが全力で頑張っている以上まだ余裕のある僕が簡単に出来ないって言いたくないし、出来れば「やりました!」って報告をしたいです。


その為にももっと英語力も仕事力も上げていかなきゃですね!

ただ明日は休日なのでとりあえずゆっくりします。笑


最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

英語漬け校舎の美談②

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!

 

この前の土曜5人の生徒さんがバギオに来ました。
うちは小さめな学校なので一気に5人というのはかなり珍しいです(2月はやはり繁忙期なのだなぁと思いました)

 

そのうちの4人をピックアップ(バギオのバスターミナルまで出迎えをする)をして、簡単に校舎の説明をしたのですが皆さん同じ飛行機を使うわけじゃないので確か22時、翌2時・3時で出迎えに行きました。

 

仕事とはいえ深夜のバスターミナルで待つのも寒いし眠いし、なかなか大変でしたね笑
翌日は朝10時までゆっくり寝てました。

 

f:id:storyshareprivatesecretary:20180206215031j:plain
写真は本文には全く関係ありませんがこの前バギオが濃霧になったときですね。
流石は山の中、こんな天候にもなるんですね。

 

英語漬け校舎の美談
さて、そんな大変な時もある語学学校運営なのですが、つい昨日とっても嬉しいというか、「すごいなぁ」と思うことがありました。

 

僕が先日英語漬け校舎に仕事で行ったところ、生徒さんの一人が学校のパソコンをずーっと見ているんですね。


「何してるの?」っと聞いたところ「Pearl Harbor(真珠湾)について調べているんだ」と言っていました。

 

「いや、なんで急にそんなこと調べてるの??」って少しツッコミを入れる感じで聞いたところ、「これを今度の日曜に生徒達で議論するんだ」と言っていました。

 

これどういうことかというと生徒たちが完全に自主的に1週間に1度議論テーマを決めて議論会を開いているんです。

 

これのすごいのは、元々英語漬け校舎なのでそうじゃなくても常に日本語が話せません。
授業はもちろん授業以外の全ての時間を卒業までです。

 

そうなると1人でいられる時間は日本語に触れたい(YouTubeだったり読書だったり)というのが当たり前の心理なのですが、彼らはむしろ話す機会を積極的に作り出して、しかも簡単な会話ではなくきちんとした議論をしようとしているのです!

 

また、真珠湾攻撃を選んだ辺りも、「外国に行ったら聞かれることだと思うから」ということで選んだみたいですがこれも素晴らしいです。

 

外国人から見たら僕らは日本人の代表です。僕らの意見が「日本人の意見」となる訳です。
そうなったときにきちんと自分の意見を言えるようにちゃんと準備をしようという発想からも真珠湾を選んだみたいです。

 

まとめ
語学学校のスタッフがこんなことを言うのは良くないとは思いますが、僕は英語力が伸びるかどうかというものは最終的にはその人次第という考えです。
少ない留学時間でも目に見えて伸びている人ってただ言われたことをやっているだけじゃなくて絶対自分から積極的に英語を使う環境を作っています。

 

今回は僕もStoryShareも何かしたわけではありません。
それなのにこうやって自分から英語を伸ばそう、それをみんなでやろうってなっているのは本当にすごいです。

 

後は、今回の件はバギオの生徒がどんだけ真面目なのかっていうことを示していますよね。
セブ島とかの勉強そっちのけで日本人とクラブばっかり行く人達よりも低い値段で高く良い時間を過ごしているなと思います(まぁクラブ行っても良いんだけど日本人と日本語使ってクラブ行っても意味ないですよね)

 

いや、ぜひともこうやって健気に頑張っている生徒さんの力になっていきたいですね!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/

ブログっていいな

皆さんこんにちはこんばんは!
フィリピンで社長のかばん持ちをしている加藤駿です!


昨日でフィリピンに来てから4か月が過ぎました。
また、ブログも来てから2週間くらい経ってから書き始めたので、書き始めて3ヵ月ちょい経ちます。

忙しかったり疲れたり土日は休みたいとか色々あって(ちなみに僕はゆとり全盛期の世代です笑)毎日は更新できていないですが、おかげ様ではてなブログのフィリピンのカテゴリでランキング1位をとらせていただいたこともあり、そういうのもモチベーションにしながら書いています(まぁ僕も多少はそういうの気にします笑)


という事で今日のお題はこのブログについてです。
今日はこれまで書いていて「よかったなぁ」と思ったことを書いてきます。


書いていて良かったことその①

f:id:storyshareprivatesecretary:20180201163427j:plain

※写真は本文と全く関係ありません

 

まずはいつも言われて嬉しいのは生徒さんとかに「ブログ面白いね」と言ってもらえる時ですね。

まぁ斜に見てしまえばなんで面白いかっていうと生徒さんは僕の事を知っているからで、内輪の笑いでしかないのですが、それでも自分の書いてもらったものを「面白い」とか、「為になる」と言ってもらえるととっても嬉しいです。

出来るだけ読んでいて「フィリピンって、バギオってこういうところなんだ!」と思ってもらえるものを書いて、留学前の人たちにとって為になるものを書こうと思いますが、ちょくちょく自分の私生活的なことを書くのはその為でもあります。

それにあんまり真面目に「何かの為、誰かの為」って思って書こうとしても毎日書けないですからね笑
出来るだけ気張らず、でも為になる話の種が見つかったら為になりそうなものも書いています。

書いていてよかったことその②

f:id:storyshareprivatesecretary:20180201163850j:plain


どちらかというとこっちが今日の本題なのですが、書いていて良かったと思うのは、
これからStoryShareに来る人達、StoryShareで学ぶ人たちに僕の人となりを知ってもらえることです。

たまにメールのご対応をしていると、「かばん持ちのブログ読んでますよー」とか、「ブログ読んでいます。かばん持ち頑張ってください」とか、そういう返信をいただきます。

もちろんそういう文面をもらえるととっても嬉しいです(本当に)

これってブログ作成だけじゃなくってYouTuberとかもある程度そうだと思うのですが、作っている側は孤独です。
閲覧者数とかはわかりますが作ったものに対して基本的にレスポンスが返ってこないものなのでひたすら発信していくだけなんですね。

だから「読んでいる人がいるんだ」ってたまにわかるのはとっても嬉しいのです。

 

少し話がそれてしまいました笑 

本線に戻ると、まず語学学校に来る人達って日本から海外に来る人達がほとんどなので、皆さん色々な不安を抱えているんだと思うんですよね。

特にStoryShareは老舗ですが大手じゃなく小規模な学校ですから、Web検索でたどり着いた人とかは特に「この学校で本当に大丈夫なのかな??」とか思う人もいると思います。

僕もお問い合わせが来た時にメールを通じて出来るだけ来てくれる人の不安を取り除けたらなと思いますが、どうしてもビジネストーク的になってしまいがちです(お互い壁越しに話す感じですね)

またそれに加え、これは仕方ないことなのですが新規の生徒様が「この人本当に信頼できるのかな?」とか思ってしまっても不思議はありません。貴重な時間お金と、フィリピンに行く為に勇気を振り起して来るわけですから、どうしても慎重になります。

でも、予め僕という人間をブログや動画を通じて知れたら信用できるとかあると思うんですよね、少なくとも変な人じゃないくらいには思ってくれたり。

また、ちょっと信頼できたからちょっと深いことも質問してみて、その返信をもらってとかまた聞いてとか、そうしてお互い胸襟を開いたあとにハッピーな気持ちで初対面を迎えるとかもあると思うんです。(信頼した中で授業を受けてもらった方が絶対伸びますし)

僕もインターンに来る前に社長がサイクルラーニングメソッドについて熱く語っているのを見て、「この人は教育熱心な人なんだなぁ」と思って安心して来ました。
これはメールやHPでは中々伝わらないところですが、ここが一番大切ですよね。


まとめ
留学や英語学習に対して思い入れが強ければ強いほど相手の人となりって気になりますよね。

特に、今はフィリピン留学ってもう定番になりすぎて語学学校も多く留学に来る人も選ぶのとっても大変だと思います。
そんな中で。「こういう人がいる学校ならありかも」って思って来てくれたらすごいですよね(もちろん教授法とか諸々が良いことは前提としてですが)


でも、さっき書いたようにあまり考えすぎても僕は毎日絶対書けないし、あまり周りの目を気にしすぎても嘘っぽくなってしまうので今回書いたこともほどほどに気にしてこれからブログ書いていきます笑


「えっじゃあ変わらないじゃん」と言われれば間違えなくそうなのですが、まぁ物事だいたいそういうものだと思います笑(開き直り)


今日も長文になってしまいすみません!
最後まで読んでいただきありがとうございました!


ブログランキングやってます!
今回の記事が「面白い!」「ためになる!」と思ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

また、僕が働いているSrotyShareに興味がある方はこちらから!
http://www.storyshare.jp/